June 03, 2009

加藤紀子、嬉しいバッタリ。

ほほほほほ~。

とは意味もなく。
窓を開けて入って来る風と、その風に揺れる木の音がそんな。

どんどん暑くなるんだろうな・・な雰囲気は、雨前な気配。

もう6月ですもんね。

と、本日は今週土曜日開催、事務所の後輩ちゃん真野恵理菜ちゃんコンサートのゲネプロに(コンサートと同じような事をするリハーサル)。
私はゲストというかお手伝いというか・・そんな立ち位置でお邪魔するので行ってきました。

昔々の写真集「そら」だったと思うけど、そこで私もリハをしてスタジオに数年ぶりに行き。
「うは~、懐かしいな~」と思いながら、大人スペースで一人休んでいると、目の前をフワフワ感覚で歩く、長身の男子。

『絶対、この人知ってる!!』とよ~く見ると・・・

堀江くん!!

ニール&イライザでお馴染みの、i-radioも長年の、pupaで沸き立った、コーネリアスで確実の、
私の楽曲「いちご」「悲しい言葉」の素晴らしい作曲&アレンジの、
「a・b・c」で一人全楽器プレイで苦しんでる私を救ってくれた事でやっぱりお馴染みの・・・

堀江君!!!

久し振り!!

きっと「cute&happy special」の収録以来ぶり。

嬉しい!!!

「わ、堀江君!」とびっくりしながら声を掛けると「うわ、カトさん!」と堀江君。

互いに「今日は?」と状況を話し合い、「カトさん、その新人の子、ビビらせてるんじゃないの~?」と悪い顔。

してませんよ、絶対に。てか、私どんなイメージ???

で、堀江君からも「そうそう、渡したい物があって!」と嬉しい頂き物。

堀江君、顔が優しくなってた、ぐ~んと。

で、短時間ながら「出来る人」っぽい会話を無駄無く無理無く繰り広げ、堀江君はリハに戻り。

なんか凄く嬉しかった。
会いたくてもなかなか会えない人っているのに、こうしてパタっと偶然会って必要な会話をきちんと出来て互いの近況も分かり合えて。

堀江君のパートナー、チャーベ君もそうだけど、私にとってお二人ともとても頼りになる大好きな人なんです、凄く。

私が何かの時用に欲しい音のイメージを伝えるときちんと紙に「これはいいよ!」と教えてくれたりもして。

はふはふはふ~。尊敬の人。

リハに出掛けて良かった。
でもホント、堀江君って昔から風のように現れ、風のように去る人。だから大事。

で、その前には・・・

「は!!絶対ナベサダさん!」なダンディーも通り過ぎ(名サックスプレイヤー、渡辺貞夫さん)。

自分の曲で大好きな「ストリート・サンバ」の人です。
だから目の前のエレベーターが閉まるまで、ご挨拶しようかしまいか物凄くの秒数悩んでみたのだけど、
突然「あの曲大好きで歌わせて頂きました!!」と発表するのもキモイかな?と思い、その思いを勝手に飲み込んでみました。
でも軽くお辞儀だけは敬意を払ってさせて頂きました。
神に会った気分よ、本当に。

と、今日は全てにおいてことごとく、会いたい人に会えた十二分に幸せな感触。

チーフマネージャーさんから「ほんと、毎日何かしら起きますよね・・」と言われましたが、
本当にネタをネタと気付かない人にはネタはやってこないと言われるので、
こんな幸せな話も、あんな不幸な思いも、全てを受け入れ、物にしたいと思います。

でも発表する場がここしかないので、どうか読んで下さっている方・・・受け止めて下さいね。

と、真野ちゃんのコンサートへ向けての準備だったのに、ハロプロエッグの子達も凄く可愛かったのに、すみません・・・こんな方向です。

でも、うはははは~、風のように去らない女・・

明日は何が起きるかな??


紀子


2009 06 03 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク