July 21, 2009

加藤紀子、讃岐うどんツアー・おかわり編。

勝手におかわり差し上げま~す!!

讃岐うどんツアー。

でも結局、家に戻って寝る前に胃薬を飲んでしまったカトさんなんですが。
あまりの欲の深さに「胃袋が4つ欲しい・・・」と思ってた旅だったのですが。

さて前回の続きで、うどん初日。

「なかむら」で感動讃岐うどんを噛み締め、続いて出向いた先は

Dsc04802

「まえば」さん。
ここでは小玉のぶっかけを。
うん、やっぱり上手い!
麺も美味しいのだけど、お出汁の弱くも強くもないコクが合体して、ほへほへ・・・と。

お水のグラスがどうみてもワンカップ大関だった(さすがにラベルははがしてあるけど)気がして、それもまたいい味。

と、キョロキョロしてると色んな方のサインが写真が飾ってあり、
そこにはなんと我らが座長、コヤブカズトヨさんも君臨!!

メールするとコヤブさんも好きでアチコチ出掛けているそう。
ってか、聞いておけば良かったな、お勧め店。

で、食べてばかりじゃ・・とここまで着たらと琴平さん。

Dsc04805

「つけばつくほど、付きがつく!」と、嘘か本当か分かんないけど、一応借りてみて出発。

Dsc04808

Dsc04812

無理っしょ。

Dsc04822

途中で諦める事も大事。
転校した東京の高校の修学旅行でも来たんだった、その昔。

だから、踵を遠慮無く翻し、下りた。
ふくらはぎも「ありがとう・・」って言ってたし。
またチャレンジします・・と、心で。

Dsc04826

・・・。

と。

Dsc04833

こんな空の下、

Dsc04834

可愛いロゴの薬局へ出向いて、普通にクレンジングを買ったりして、お腹を空かせた振りを自分にし、

Dsc04850

「香川はうどん!と思われてますがね、私達から言わせたら他にも美味しいもんがあるんです!」と
タクシードライバーさんもおっしゃっていて、出発前に知り合いから教えてもらった「一鶴」さんに。

『登録商標 骨付鶏』・・・・貫禄あるなあ。

ネットでの口コミやなんかも読んでみたけど、実際見て食べてみないと分からんよなあ・・・と。

Dsc04840

こちら、雌鶏のグリル。

Dsc04842

雄鶏のグリル。

Dsc04836

ガブリと行け!と説明書。

雌は雌らしくフワフワで、雄は雄らしくたくましい程の弾力。
共に皮はパリッパリなんだけど味付けがしょっぱ辛くて、ちょっと新しかった。
「なにか・・あった?」と思わなければ、ここまでパンチのある味付けは出来ない。

Dsc04848

ただかぶり付くと、ほっぺたに肉のどこかが当たるので、
最初のデートの時には、隣のカップルさんがしてらしたように、
カットしてもらったほうがいいかも~。
でも周りの皆さんは慣れた手つきで、この鶏とビールだけを堪能してらっしゃって、かっこ良かった。

ね、やっぱり胃袋4つ欲しくなるでしょ、ここ。

しかし、無理すぎるほどお腹がいっぱいになり、寝るにも寝れない苦しさだったけど、
翌日も早起きしてうどんを食すので、めちゃくちゃ早めに就寝。
普段なら携帯片手な日々だけど、精一杯お箸片手な一日。

あ、長過ぎた??

でもまだまだ書きたいな~・・・。


紀子


2009 07 21 [旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク