July 04, 2009

加藤紀子、ホフディラン結成13周年ライブに行く!

今日という一日をどう、振り返ればいいのか・・・な程、
楽しく幸せな時間だった一日・・・。

久し振りに骨気(コルギ)へ行ってお顔のメンテナンスをして頂き
(しかも先生のブログでは「バカンス」の告知もして下さってました!
いつもありがとうございます!)、はふ~・・となりつつも、今日のビックイベントである、
先日ゲストで番組にも出て下さった『ホフディラン結成13周年(区切りがおかしいとも思うけど)ライブ』へ。

070409_1t

この方達がデビューしてからすぐのタイミングで、当時やってたJ-WAVEの番組にゲストで来てもらったり、
プライベートで仲良くしてもらったりで、ず~っとず~っと曲を聞いて来ていた訳ですが。

今日のライブは、その昔からのファンの方々がずっと応援して来て良かった!な内容で・・・。

曲を聞きながら、演奏やパフォーマンスを観ながら、個人個人、各々がどのような時間を過ごしてきたかが走馬灯のように。
初めて、うん、きっと初めてきちんとライブでキュンとなった(リンダ・ルイスと近い)。

13年という時間は、短くも長くて、でもきちんと作品を音楽という場面で残している人達から
応援して来た人間に思い出と今を感じさせてくれて、すんごく幸せを感じた。

一人で行った私の感想がこれだから、同じく時間を歩んできたお友達同士で行ったのなら、
なんやかんかと感動し合えて倍以上幸せだったんじゃないかな?

あの曲、その曲・・・それを聴くだけで全部個人的な思い出ってクリアに出て来るもんなんだね・・・。

そして、なにより凄いのが、ホフメンバー以外でのサポートメンバーが変わっていない!
あんまり伝わらないかもしれないけど、こういうのってそうそうない気がする!
それもお二人の何か強い魅力でずっと繋がっている方々で・・とか、そんなとこにも感動。
ずっとずっと聴いていたいアーティストだと思います。
アリス!みたいなね。

なんか、自分自身の青春(確実に20代だったけど)を呼び戻した時間を味わう事が出来ました。

ライブ後に雄飛君のご両親にばったり会い、その旨を伝えると「懐かしかったわね~」と笑顔。
雄飛兄からはお電話も頂いて感動を分かち合い。

結局、みんなから愛されている人達なんだな~と。
凄い凄い。
でも終わってすぐに会場を出たのでご本人には感想の何も伝えておりませんが、ご本人達は満足だったのかな?
とりあえず、お客一人のこの気持ちは読んで知ってもらいたいもんです。

会場への道中、芸能プロにスカウトされたり、
「学生さん?」とあり得ないけど嬉しくなるようなスカウトをされたりしましたが・・・、
ホフとは来月のコヤブソニックでも一緒になるので、その辺りをまた感動したり楽しみにしたいと思います。


あまりに楽しい時間過ぎて、しみじみ余韻を楽しみたく寄ったカフェ・アプレミディで橋本徹さんから、
また素晴らしいアルバム「music with a view」の続編summer to autumnを頂いたり、

友達のお誕生会に合流して、

070409_2y

女子なのに男子なニックネームに爆笑したり・・・

本当に幸せだった一日。

幸せ過ぎて夕飯必要なかった一日。

あ~・・・時間って無駄に過ぎてないのね・・・絶対。
私もそう思ってもらえるような人になりたい・・・。


とか思いつつ、
『音楽ってやっぱり人生に大事な要素である!』
(俳句でも川柳でもなく、単なるメッセージ)


とか言いつつ・・・、やっぱり「バカンス」短い時間だけど、是非観てね!!
(意外としっかり者だった、私)


紀子


2009 07 04 [グルメ・クッキング, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク