August 03, 2009

加藤紀子、ドライトマト作り。

元気になりました。
のんびり家で映画観たり本読んだり早く寝たり静かに休んだら、普通に元気になりました。

ぐはは。

な訳で・・・

ドライトマト作りました(プチトマトで)!!

と、私は生のままトマトを食べると唇が荒れるのでなかなか食べたりしないのですが、
先日買ったトマトが冷蔵庫から「どうにかしてよ~!」とのメッセージを発し始めたので
「いっちょ、焼いたろか~!」と。

でも細かい作り方は知らないので、ネットで検索したりなんやかんや。
オーブンの温度も人や機械によって違うから、どれを信じるか悩んでみたり。

でも、まあ。

Dsc05203

洗って、ヘタ取って半分に切って。

Dsc05204

並べて。
トマトをこんな綺麗に整列する日がくるなんて・・・(と言う程大層な話ではない)。

まず何もしないままオーブンに140度で30分。

Dsc05205

まだまだです~。
ほんのり温かいプチトマト・・・なだけ。
君たちにはドライになって欲しいのだ・・との想いから、再びオーブンへ。
でもこのタイミングで岩塩をガンエンと。あ、ガンガンと振りかけました。

温度を130度に下げてまた30分。

すると・・

Dsc05207

フレッシュなかさぶた・・・みたいな・・・容姿・・・に。

う~ん・・と悩みつつ、また10分オーブンへ。

Dsc05208

しわしわのば~。

イメージだともっとぺらぺら凝縮の図だったのだけど、
オーブンで焼くのはやめて、そのまま放置して乾いて頂く事に。
ドライトマトなんだから、中がジクジクしてちゃいけないんだよね~・・・と。

初めて挑戦する事って、どこまでやるべきかのさじ加減がなかなか難しい。

なので、これらがきちんと乾いたら、パスタに使ってみるか、オイルの中に漬けてみるかとか。
オレガノとか入れて漬けてみたい気もしたり。

普通なら全ての行程が終わって調理もして報告すればいいのだけど、
今お腹が全く空いていないので、味見すらも出来ない。
その上、しばらく家で夕飯を作らない模様なので、いつ食べれるのかも不明。

え~???カトさん、勢い~???(自問自答)

しかしながら、こんな中途半端な報告が出来るのも私の才能だと思って下さい。

なので完成、感想はまたいずれ、報告しま~す。

絶対トマトが「だからどうにかしてよ~!」と言っているに違いない。


紀子


2009 08 03 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク