October 13, 2011

加藤紀子、JAMES BLAKEを体感!

髪が短くなったのに、美容院ではロングの時と同じく3時間半を要するカトさんです。
ボブにはボブなりの自分の好きなシルエット・・的なこだわりか
(サロンの人と私との間に)、こうしようああしよう!と。
染めて、毛先少しパーマかけて、トリートメントして流して・・

女子って大変よ!!

と、こんなこだわりは誰にも伝わらないんだろうなあ・・と知りつつ、
昨日はJAMES BLAKE ライブへ!!

20111112_y

番組でも夏頃かな?紹介しましたが、
まあ、このアルバムを勧められて聴いた時の衝撃ったら。

彼は確か22歳とか23歳とか、若いジェネレーションなんだけど、
一体どうしたらこんな事が出来ちゃうのか!と驚いたのは確か。

私が好きだ!と公言してきたタイプとはかけ離れているのだけど、
そんなの関係ない程、重厚で綿密で刺激的・・・刺激的という表現も違うなあ・・・。

にしても、そんな凄い若者が日本に来る!となれば、観に行きたくなるのが世の常(世の常?)。
幸運にもチケットを頂く事が出来たので、ボブの頭をひっさげて恵比寿リキッドルームへ。

オープニングアクトは小柄な可愛い女の子。
(頭見逃したので名前が分からなかったけど、聞いた話では彼の友達らしい。
ギター一本で切々と、物語を歌うように歌い演奏しておられました。
生で観た事ないけど、私のイメージではカレン・アンのよう。違うか)

そしていよいよ。
会場の80%は男子!!
皆一様に、観た事無い音を体感するぞ!な雰囲気。

そしてご本人登場で会場が一気に「オワー!!!!!!!」となるも、瞬時に皆ゴクリと
ツバを飲む静寂が。

だってさ、あのアルバムをどうやって生で出すのか、見逃したくない!と思うよ、本当に。

なんでしょうねえ・・・・

久し振りに頭が混乱したし、観た事のないパフォーマンスだし、音だし・・・

ずっとね、ライブ中、どのように人に説明すれば良いのかを考えながら聴いていたのです。
「信じられん・・」としか思えてなかったから。

声のサンプリング然り音の鳴り方然り・・・全てにおいて。
「この人、本気か??」なレベルで凄かったから。
実験室の中で緻密な実験を観てるようだった。
だから変に声とか出してしまうと脆くも壊れてしまいそうな繊細さ満載。

瞬く間に全ての演奏が終わり、会場が明るくなり、皆一応に首を振って・・・

「凄い。凄すぎる。信じられん」
新種の溜め息。

それでもまだ私は戸惑いの中で、どのように説明すべきかを考えていた目の前に、
エゴラッピン、よっちゃん発見。

「やばかったね、凄かったね」とやっぱりの感想を述べ合ってからの
よっちゃんの一言。

『アレは、未来や!』

・・・・・・・・・・・

言い当てました。


そう、あれは未来の音楽。

間違いなく未来の音楽でした。
アルバムで出来た事が再現出来ない事も多くある中で、
あの才能はまさしく未来。


言い当てたよっちゃんも凄い。

と、そんな素晴らしき夜を目撃(堪能という言葉では足りない。目撃した瞬間って感じが正しいと思う)し、
これからの未来の音楽を現実で観たと言う訳です。

あ、偶然にもこの日、渋谷パルコ ロゴスギャラリーでで行われている
エゴラッピンの写真展を観た後だったという素晴らしき流れ。

私「今日、写真展観たよ!」
よっちゃん「あ、恥ずかしい」

未来でもなく日常もまた有り難く。


明日は恒例「知りたがり!」生放送です!!


紀子

-紀子さん出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ(1.2.0)にバージョンアップしました!-


2011 10 13 [日記・コラム・つぶやき, 芸能・アイドル, 音楽] | 固定リンク