January 12, 2012

加藤紀子、身体チェックデー!

 寒かった・・・。
今日も一日寒かった・・・。

そんな今日は、身体チェックデーと相成りました。

そう、クリスマスに胃腸炎なるやっかいなプレゼントをどこかのサンタさんが贈って下さったおかげで、
「年が開けたら胃カメラ飲みましょうか?」と爽やかドクターにアドバイスされ、
その胃カメラXデーが今日だった訳です。

前日の夜9時以降は飲んじゃダメ、食べちゃダメ、なんかダメ!と言われると、
普段なら苦にもならない事が物凄く苦しく感じ、
朝起きて水一杯しか飲んじゃダメ!とかも合わせて言われると、もう苦痛でしかない。
朝起きて何も飲まずに出掛ける日も時としてあっただろうに。

で、予約してある時間に病院へ行き、待ち、通され、渡され。
「これは胃の膜を溶かす薬です」って看護婦さん。

紙コップに水のような液体がたっぷり入ってるんだけど、
その「溶かす」って・・なんか怖い。
溶かしていいのか??

それでも渡された手前、いや、胃カメラを飲むと決めた手前、絶対的に飲まなくてはならないようで、
ゴク・・ゴク・・ゴヘっと完飲。
ひとっつも美味しくないなあ。

そして次に渡された物は
「喉の麻痺させる氷です」

こ、こ、氷ですと??

歯の治療時の麻酔と同じ成分の物が、氷となって登場。
お薬的な物が氷となっているのは初めてだったので、
せっかくの機会だし丁寧に舌で溶かして頂いた。

ま・ま・・まずい・・・。

喉が麻痺して行く感覚と合わせて、ひとっつも美味しくない味が
首の辺りで醸し出す不思議なハーモニー。
未体験タイム。

そして車椅子で胃カメラ室まで運ばれ(この運転が荒く、アチコチにぶつかるという
面白ハプニングも経験)、点滴&麻酔(私は怖くて麻酔をお願いした弱虫です)を打たれ、
先生から「寝ちゃってくださいー!」との声を合図に口を開けたままぼんやり。

・・・

何分経ったんだろう。
先生からなんか言われた事は記憶にあるんだけど・・・
また違う部屋に連れて行かれ。
このときは徒歩。車椅子サービスは無かった・・・・どっちかっていうと、こっちのほうがフワフワしてたんだけどなあ・・・。

そして麻酔も切れた(であろう)タイミングで先生が再び現れ、
内視鏡を覗いた感想を説明して下さる。

「荒れてましたねえ・・」

私の胃は荒野か。


月末の検査結果を待つ事にし、先生とさよならしました。
あ~、なんでもない結果となりますよう。
ただ「残ってる薬はきちんと飲んで下さいね!」と、飲んでなかった事はバレてた模様。
皆様、お医者様は全てお見通しです。
言う事聞かないとバレるみたいですよ。


そして、地味に1ヶ月間我慢していた股関節痛を訴えるべく、
長年お世話になっている先生の所へ。
この先生との出会いは、かつて通っていたスポーツジムでストレッチやマシーンの手ほどきを
してくれていた人で、私の体の弱い所を知り尽くしてくれている有り難い人。

「はははー、ずいぶん固まってますねえ。こんな固いのは初めてです。
そして弱い所に頑張りが出ちゃいましたね。」モリモリとストレッチやら電気のなんかやら。


気がつけば随分マッサージ的な所へも行けていなかった。

身体は正直だ。
内臓も肉体そのものも、無理させたままでは弱る・・という事をしっかり気付き、
今年一年はやっぱり健康で元気でストレスなんかも毎日捨てちゃう生活を送ろう!と、
診察カードが増えないよう、過ごしてみようと思います。


身体チェックデー、そんな一日のご褒美に
牛スジカレー製作中。
圧力鍋が今夜は頑張っています。


紀子

-紀子さん出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ(1.2.1)にバージョンアップしました。-


2012 01 12 [心と体, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク