April 17, 2010

加藤紀子、解散を届出ける。

いやいや。
本当に沢山の優しいお言葉、ありがとうございました。
ひとつひとつ、有り難く拝読させていただきました。
前回のブログにも書いたよう、色々と予期せぬ出来事が人生には起きたりしますが、
それらひとつづつを丁寧に捉え、自分なりに咀嚼し、頑張って進んで行きたいと思います。
そして頂いた多くのメッセージを大切に、また成長したいと思います。

そんな訳で、初めて経験した今回。
書かない方が美しいとは思うのですが、いつも自分に起きた事を書いているこのブログにおいて
これを書かないんじゃ、私じゃないな・・と思い、やっぱり・・書く。

区役所に行った当日は雨で。
本当は一人で行くつもりが、ちょっとした心配があり急遽会社チーフが参加してくれることになり。
「どこ係に出すんだろうね~」とか言いながら、辿り着いた先は戸籍係。

「この書類をお願いしたいんですが・・」と優しそうなお姉さんに手渡すと、
いくつかの訂正箇所を指摘されたりもしつつ、もぞもぞ書き直し。

こういう書類って今までドラマでも書いた事ないし、
プロの方に聞いた訳でもないし、本当に分からない。
なんかまどろっこしく固い律儀な書類。

それでもお姉さんは親切に、「大丈夫ですよ、こちらを二本線で決して頂いて・・」と
慣れた手つきでのご指導。

覚悟は出来てるつもりでも、やっぱりこういう手続きってどこか胸が痛い作業なので、
その痛みを忘れる事のないよう目に焼き付けて・・と一生懸命。

と、同時に名前の変更だかなんだかも必要と、別のカウンターに廻され、
そこではおじさん担当者に諸々口答での説明を受けるも・・・

ちょー早口。
2倍速ぐらいで私に話してますか?とめまいする程の早さ。

「えとえと・・ん?なんですか?」と冷静に聞き返したほど。

「こちらはですね、こっちの区役所、そしてこの作業はあっちの区役所・・」と、
手品で手際良くハトが出る代わりに区役所が出てくるんじゃ?と思う程の説明・・は、ちょー早口。

3分の1しか理解できない私の脳みそ。
もう・・今この作業するのは・・・やめる。


で、もう一度戸籍係に戻り、さっきとは違う担当の方(おばさん)に、後日改めてどのような手続きをすればいいのかと尋ねると、
「この手続きはですね!!今日名字を変えるんですよね!!加藤に戻すんですよね!!ねえ!!よお!!(よお!とは言わなかったけどそんな勢い)」と
なぜそんな大声でしかもキレられながら言われるんだ?と顔が赤くなるぐらいの大声早口説明。

・・・やめて・・・マジで。


「もう少し小さな声でお願い出来ませんか?」と背後を見ると、違う用事で来ている方々の視線がこちらに。


・・・ほんと、やだ。
残りの3分の2の脳みそがみんなの視線を理解した・・・感じ。

きっと役所の方々はきちんと対応して下さっているのだろうけど、
こちらは初めての経験。常日頃同じ作業をしてる方とはやっぱり理解のスピードが違うので、正直切なく。

人生できっと一度の経験が、こんなふうに怒られながら理解出来ないまま進められるなんて・・・。


「一緒に来てるのは、マネージャーかなんだだよ!!」と影で先の担当おばさんは言い放ち、
なんでそんな扱い、言われ方をされなきゃいかんのかな~と。


しかしながら気がつけば胸の苦しい作業だったはずが、
な~んか胸がイラっとして終わり、結果、悲しみの矛先が変わって良かったじゃ~ん・・みたいな出来事。
この経験もいつしか思い出になって、「いや~、あん時さ~、なんか区役所で大きな声で怒られながらさ~」なんて 笑って話をするんだろうけど(すでにもうそんなテンションで書いてる)、
出来れば「お疲れさまでしたね。これからまた、頑張ってくださいね!」とか言われたいってもんです、理想として。


しかしこれでもう、誰か近くの友達が同じような書類を出す日には、
上手にアドバイス出来る人になるってもんで。
困ってる方、頼ってね(とはいえ、そんな人はいないほうがいいに決まってる)。

でも・・・絶対的願望として・・・


役所の方々の早口、禁止!!!!!
ゆっくり丁寧に・・で・・・お願いします。


と、ぷは~。
またいつも通りのブログです。
ようやく外も晴れた。


紀子


-紀子さん出演中! i-Radioはこちら-


2010 04 17 [名前, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

October 12, 2005

加藤紀子郎って?

以前、タクシー運転手の名前の話ありましたよね。
あれ、「きねお」さんだよ^^
”甲子雄””甲子男”という漢字の人が多いようです。
学生の時、”甲子雄”くんという友人がいて、そう言ってました、きねおくんが。

gen


『窓を開けるとキンモクセイの匂いがほのかにする季節になりましたね。
あの甘くもすっぱくもない、なんとも言えないほのかな匂いが私にはたまりません!

子供の頃、道沿いに面していた私の部屋に泥棒が侵入しないようにと、
父が窓のすぐ横にキンモクセイの木を植えてくれ、安心した私は
夜な夜な机に向かってこの匂いを嗅ぎながら 何してたか覚えていません・・・。
鏡みて前髪をハサミでチョキチョキしてたな~。
この思い出はちょっと甘酸っぱい!!

さてさて、頂いたメールでみなさん!
『これぞ!!』という答えが帰って来ましたよ~。
以前、私の乗ったタクシーの運転手さんの名前が「鈴木紀子郎」さんで
なんとお読みするのか聞かぬまま、気になるまま降りた謎の読み方。

空前の『紀子郎』ブームに燃えたこの名前、genさんが解明してくれました。
『きねお』さんでした~。ふむ~。
年の功を考えれば「きねお」も有りなんだよな~。そして自然なんだよね~。

ただ、本当に御本人に確認してないし出来ないし、誰かが偶然にでも
彼のタクシーに乗車してくれない限り、これってやっぱり謎のままかも~。
(謎にしたいだけなのか??)

ああ でも、ありがとう!!なんか嬉しい!! 
『もう一度会いたくて・・きねお・・・忘れない 秋☆』 だ。

紀子


2005 10 12 [名前, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | トラックバック

September 04, 2005

加藤紀子、私の名前は・・・

「夜風がやっと気持ちいい感じになってきましたね~。
私はクーラー派ではないので、極力付けないで日々生活して来たのだけど、
眠る時に窓全開にしてると、はんなり肌寒くそれでいて遠くで鳴いている
虫の音で静かに眠りに付く事ができてます。心と身体に優しい眠りですな。
変な話、寝汗もちょっと面白いから好きなんだけど、また早くも
来年のお楽しみ・・・かも。

そんな中、凄い人に出会いましてね。

出会ったと言っても乗り合わせたタクシーなんだけど。
運転手さんの後ろの席に座ったんです。で、助手席前にあるネームプレートが
運転席の後ろにもあったわけです。
「私、・・・・が安全運転で・・・」的な御挨拶とともに。

普段から「運転手さんの名前はなんだろう?」と確認するのが癖である私は
その日も当然のようにチェックしました。
びっくりしましたよ。参りましたよ。

『鈴木 紀子郎』さん。

なんて読むの?いや、名字じゃなくて名前!!!
思わず写メですよ。記憶じゃ無くて記録。
「のりころう?」そんな訳が無い、「きころう?」いや~・・・。

目的地に付くまで友達にメールして答えを探すもピリっとした返信もなく、
ムズムズしたまま到着。
マネージャーが領収書やおつりをもらっている時間にも答えを探すが
見当たらず。
そこで、ぐっと意を決して運転手さんに正解を聞くのを辞めました!!

だってさ~、謎のままのほうが面白い事だってあるじゃん!!
当然、その日はこの話題をみんなに振りましたよ、みんな真剣に答えようと
しないけど一応考えたりしてる。
はは~、新鮮で斬新な名前ですよ。

今の世の中、可愛い名前や当て字的な名前の子供が増えている中での組み合わせ。
「お母さんとお父さんの名前をくっつけたのよ~」的なほほえましさ。
やられました。

ちなみに近所のコンビニの人の名札には『ひび(に)』と書かれてます。
「(に)?」な訳です。勿論おっしゃりたい事は良く分かります。
『ひび」さんが二人いて彼は(に)なにがしなんでしょう。
でもいちいち(に)にしなくても。その先が逆に気になりますよ、実際。


ま、あえて言うのもなんですが、
私の名前は本名です。
これもぶっちゃけ時々自分でもびっくりする事があるんですね。
新聞のラテ欄などで『加藤登紀子」さんの名前をお見かけする時。
「私!!・・・じゃない!!!」みたいなね。
ファンの方がそう思って驚かれたりするのは分かるんですが、
本人でもやりますからね、たまに。

しかも私の父の名前に’登’が入っているので余計に敏感に反応してしまうんです。
「こんな難しそうな番組でたっけ・・・な~い!!!」です。

私の名前の由来は、父の父(私のおじいちゃんにあたる人)が戦争に行く時、
お腹の中にいる子供に対して「男の子なら・・・、女の子なら紀子」と
残して行ったそうで、
父に貰った名前なので私誕生の時に紀子が与えられたそうです。

小さい頃はあまり好きじゃ無かった名前だけど、今となれば身体の一部
というか全てと言うか違う名前ではあり得ないものとなってます。

フランス人にはノリコのリが発音しにくく「ノヒィコ」風な呼ばれ方も
されちゃいますが、ま、それもそれでいいでしょう。

そんな訳で、記憶に残った名前の話。

あなたの周りにも興味深い名前の方がいらっしゃったり、
『紀子郎』さん(やはり答えが知りたい)がいたら教えて下さいね。

BGMは久し振りに掘り起こして聞いたpoperettaの saint tropez

紀子


2005 09 04 [名前, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | トラックバック