February 15, 2011

Drugg

かなり好みのDrugg
だけどAR KANEに似てるからだけに違いなし


AR Kane - Baby Milk Snatcher

もうこの曲がどれだけ好きだったか
このバンドは僕の理想型
ヴォーカルが黒人てとこがたまらないし
黒人ふたりは兄弟だったような?
A.R. Kane / Green Hazed Daze


My Bloody Valentine - Only Shallow

いつの間にMy Bloody Valentineは歴史的バンドになったのか
来日公演はわざわざ名古屋のクワトロも行ったけど空いてて、人が多く見えるように走ってた気がする(笑)
当時はまともにどの雑誌も取りあげなかった気がするのになあ
そういうの多い

初めてロンドン行った時、友達の家に行ったら確かこのドラムがいてマイブラのアルバムはいつでるの?と聞いたら「しらん」と言われたのを思い出しました
その時はPastelsでもう叩いてるって言った気がするなあ


pacific - barnoon hill

出ないと言ったらコレ
友人のおかげでスタジオ(というか自宅)にも行かせてもらって新しいアルバムまで聴かせてくれたのに20年経っても出ない
そういえば一年前に送ってくれたPacific!の方のアルバムも出ないね
にしても良すぎるこの曲は


Norman Cook - For Spacious Lies
アップロード者 umusic. - 音楽動画、アーティストのインタビュー、コンサートやその他色々。
Norman Cook - Foe Spacious Lies

そしてついに世に出る音源もあるわけで
HousemartinesだったNorman Cookが前座のバンドで歌っていた彼を思い出し誘って歌わせたというBeats Internationalの名曲
歌っている彼は'83年くらいにCherry Redから12"を出しているGrab Grab HaddockにもいたLester Squer
彼の唯一のソロ音源は16年前出したコンピに収録させてもらっていて、シングルかアルバム出すって話だったけど当時は手紙のやりとりを友人にお願いしてもらっていたのもあり時間も経っていつの間にか話はなくなったけど
でも彼のバンドの音源をDrumsのメンバーのレーベルから出すと聞いてよかったー出さなくて 日本人が出していたら相当ダサいものになっていたはずだし
ちなみにこの曲が凄くAztec Cameraみたいだから引き受けたという根っからのネオアコ黒人少年だったらしいです


Aztec Camera - Oblivious

中学生の時、名古屋の番組にさえもロディフレーム出てた覚えが
あの時代はこういう海外の新しい人たちもTVにガンガン?流れてた時代
今はなんでも調べればなんでも得れるけど、そんなのなんでもなくて
なんでもじゃないのが勝手に入ってくるって環境が重要だったのかも
なんかそういうの義務でやって欲しいな


-ESCALATOR RECORDS-仲真史


-仲真史出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 02 15 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク