May 11, 2011

Girls Names

史上初浜崎あゆみアルバム3作同時ベスト10入りというニュースを観て驚いたのは、その記録じゃなくて1作あたり約14,000枚という売上枚数。小室の18年ぶりベスト10ってのは8,000枚だって。ちょっとした宗教団体とか大企業とかみんなで買えば、10作同時ベスト10入りってのもできちゃう数になってきたなあ。こうなると、今だにメジャーがアヴリルやビーバーやガガ以外の洋楽CD出してる方が不思議。出さなくなった方が普通かも。

そうなるとなんか逆にCD出したくなってきました。これからは、出さないメジャー、それを出すインディ、という本来あるべき立ち位置がしっかりしていいかもしれない。これまでお互いやり過ぎてた気がするしなあ。フォローしすぎのメジャーとか、買い手市場過ぎのインディとか。レコード屋にも当てはまるけど。個人的には、なんかフォーマットとしてレコードやカセット同様の愛おしさを、そろそろCDにも感じはじめたのも確かだし。う~ん、CDいいかも。

21世紀になって洋楽は完全に10代の音楽ではなくなっていたけど、最近10代のお客さんが増えてきてます。で、彼らと話してて驚いたのが、音楽を聴きはじめたのがMP3。で、次がレコードかカセットらしい!CDが間に存在してないという衝撃。でも考えてみれば、彼らは物心ついた時からグーグルで調べてるだろうし、洋楽に興味持って海外サイトでチェックしたら、リリース情報はレコードかカセットしか紹介してないしね。そう、CDなんてリリースしてもどこの海外サイトも紹介してくれないんです。カセット50本だったら紹介してくれるけど。今でもCDを紹介してるのは日本だけかもしれない。

だからこそCDは日本独自のものとして生き残る気がする。CDいいかも。


Girls Names - Bury Me

正直Slumberlandじゃなきゃ激押しだね。

-BIG LOVE -仲真史


-仲真史出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 05 11 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク