December 17, 2011

Los Angeles Ecstacy

今日(12/17土)は告知通りChiro嬢のニュー写真展、最新ロスドラッグバンド編?あります

F_puro



明日もそのまま展示予定 前回週末は来れないという声があったのでそのまま来週展示していけないか検討中です

今回はキャプションなどあったり、さらに良い予感
僕も楽しみです


ロスも最高ですが、UK系が2012年楽しそうです


Bos Angeles - Days Of Youth

2011年そういえばあーいうのから始まってたかもね
と、その後にいいそうないくつかのバンドのひとつ

つまり、イギリス人がこういうのをできるようになってしまうと強い
エレクトロやUKインディがいらなくなったように
それまでのアメリカがいらなくなるかも
な感じです
ましてや日本人はこの手では死んでも敵いません
このバンドは一発で消えても面白いけど



Fanzine - Roman Holiday

この曲の良さはいったい
僕が夢中になった80年代後半~90年代前半のCreationのどのバンドよりもいい
といつも言ってますが
今日も朝聞き比べでもだんぜん良かった
YUCKだけじゃなく、この手がUKから出て来たのはヤバいですね



Kindness - Cyan

King Kruleもそうだけど
例えばここ最近もダンスでインディで的なUSものがたくさんありましたが
こんなのの登場で一瞬で終わってしまいます
こういうのがUKの強いとこ
でもリスナーとしてコレだけつまむのは
ダサいので要注意です


-BIG LOVE -仲真史


-仲真史出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリが(1.2.1)にバージョンアップしました!-

※季節ごとのバックナンバーを月額170円でお楽しみ頂けます。


2011 12 17 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク