April 03, 2012

MMOTHS - Heat (feat. Keep Shelly In Athens)


MMOTHS - Heat (feat. Keep Shelly In Athens)

チルウェイヴ後、いろいろな若いバンドが登場してるけど、はっきりいって今狙いめ!
こういうのを無視しちゃいがちだけど
僕は天才的な才能にはまったくドキドキさせられない
全然ひねくれてなくて、普通の事だと思うのだけど
趣味の問題か



Jacke Bugg - Trouble Man

全然趣味じゃないけど

でもこういう17歳が出てくるのがやはりUKの魅力
OASISのどっちかに気に入られてダメになる予感大ですが
このダサいのにカッコ良くなってしまう感じは
まさに80年代の後半からのUKインディ・シーンみたいで好き


The La's - Feelin

ファッションでこの辺を聴いている人は皆無だったのもよくわかります
今みたらこれでもなんでもカッコ良いって言えるけど


例えば80年代前半はポスト・パンクとかインダストリアルとか
一番カッコ良い人がやる音楽だから僕の先輩たちは夢中になったのだと思う
Orange Juiceとか、その後ネオアコと呼ばれるものだってそうで
Jesus & mary Chanの登場期、僕が夢中になったのはまさにそれで

80年代後半はまさにこのLa'sとかStone RosesとかHappy Mondaysとか


一番カッコ良い人たちは悪というか必ず反体制なのだけど
そこは必ず変わらず、時代とともに変わっていくのが彼らの音楽


だからこそFactoryが証明しているようにインダストリアルやポストパンクはマッドチェスターに繋がるわけで
だからこそ80年代後半はポストパンクなんかが一番カッコ悪かった
映画とかで勘違いされそうだけど、Joy DivisionがHappy Mondaysと同じ瞬間でカッコ良かったわけじゃない
マッドチェスターでみんなが踊っていた時、Joy Divisionなんて恥ずかしくて聴けなかったはず


例えば5年前Justiceで踊ってた人が、いまIceageに夢中になっているのが普通で
だからIceageなんて恥ずかしくて聴いてられない、っていう時だってくるべき
それが普通だと思うのだけど
ボブ・ディランやトム・ウェイツやストーンズをいまだ若者に押し付けるほうが異常だと思うんだけどなあ

-BIG LOVE -仲真史


-仲真史出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリが(1.2.1)にバージョンアップしました!-

※季節ごとのバックナンバーを月額170円でお楽しみ頂けます。


2012 04 03 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク