June 30, 2013

Dirty Beaches - I dream in Neon

もう七夕か。

063013_1t



東京は良いところだなあ。
緑がたくさんある。

063013_2t



世界平和以外ね。
とか言って他に願うことが見つからない幸せ。
細かいことはたくさんあるんだけどさ、短冊に書くほどじゃないよね。


Dirty Beaches - I dream in Neon from Bears Calling GmbH on Vimeo.


イイねー

-BIG LOVE -仲真史

BIG LOVE RADIOはこちら!


2013 06 30 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 29, 2013

2013年6月29日

決算だよ、29、30、7/1、この3日間、20% OFFセール中!

062913_1t



チロ帰国!

062913_2t



立て立つんだ、アレックス!

062913_3t





この週末は復活タイカレーもありです!

-BIG LOVE -仲真史

BIG LOVE RADIOはこちら!


2013 06 29 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 28, 2013

THE CULT OF DOM KELLER

奈良へ年に1度の仲家の先祖の墓参りに。

062813_1t


父が疎開していた場所のお寺。
来年はこのしだれ桜が咲いてる時に来ようと約束。



THE CULT OF DOM KELLER

サスガMannequin、サイケデリック・ロック・バンド系って日本ではいまいちな感じするけどコレは人気になりそう(一部で)
TOY的なドラッグがマイナーした感じがナイスです。

-BIG LOVE -仲真史

BIG LOVE RADIOはこちら!


2013 06 28 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 25, 2013

Peak Twins

日曜日は都議会議員選挙の投票へ。

062413_1t



で、その方が都合が良い人たちがいるんだろうなあ、という投票率の低さとそれに導かれた自民の圧勝。
僕らがいれた若い人は誰も入ってなかった。
結果みても完全に年寄り感覚ぽいもんなあ。
選挙に行かなければ世の中の不平や不満を少しでも言う権利はないので必ず行くのですが、行くと意外と若い人が多いのに不思議です。


062413_2t



大好評大人のBIG LOVEガチャガチャ。
志賀高原ビールの生が当たるのですが、なぜか残念賞の寿司消しゴムをコンプリートしてた人が。
なんかおめでとう。


062413_3t



いつもアレックスと遊んでくれてありがとう。
おかげで寝てくれた。
いつもどおり仰向けで熟睡。


Peak Twins - Steppin' Off from BSR on Vimeo.



待望のデビューシングル。
BEDROOM SUCKSはハズしませんなあ。

-BIG LOVE -仲真史

BIG LOVE RADIOはこちら!


2013 06 25 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 23, 2013

SHOPPING

BIG LOVEトートを制作。

062313_1yb

062313_2tb

ウ、ウマイ!
やはりVÅRの鏡面ジャケット7”はハイレヴェルな代物だったのだ。

062313_3tb



完成。
裏もプリントあります。

062313_4t



赤も試しに作ってみました。




Shopping - Long Way Home

ロンドンから久々きた感絶頂のニューバンド。
このタイプで何かが違うと何かが起きるかも。 一回目はその鏡面感覚で

-BIG LOVE -仲真史

BIG LOVE RADIOはこちら!


2013 06 23 [ファッション・アクセサリ, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 22, 2013

Lace Curtain


Lace Curtain - Falling

うう、コレはめっちゃイイね。
RAT COLUMNSはなんかやる奴なんだよ。
RAT COLUMNS買うべし。


Rat Columns - I wonder


Rat Columns - Death is leaving me

1曲1曲聴くと恐ろしく良い。
まとめて聴くと実力不足風。
そういう音楽って20年後ぜんぶ光るし彼らに関してはすでに光ってるという。


そしてTOTAL CONTROL買うべし。


Total Control - Systematic Fuck

今のところ日本で彼らをどんなに押しても見返りがないのはただの自業自得だけどそろそろ来てもよい頃。
にしてもギターもベースも多すぎだろ!
全然聴こえないし。
いやそこだよね、オレもそこだと思う。
ギターなんて鳴る意味なし、ベースなんて特にそう。
ないならないで良いものだから光るんだよ。



Eddy Current Suppression Ring - Which Way To Go

ここからの派生組は多いよね。
このMVあげるのは2回目か。



RANK / XEROX

コレらがDFAなやMEXICAN SUMMERから出るダンスも作ったら圧倒的に良いという事実に向き合うべきだと思う。
誰が?



062213_1t



ガチャの中身がリニューアルしました。
もうね、前からも当たり過ぎだったけど、マジで当たるようにしたよ!


062213_2y



週末は基本フード(つまみ)が充実します。


本日(22日土曜日)は恒例BIG LOVE RADIO生放送。
7:30PMから1時間原宿BIG LOVEよりお届けします。

-BIG LOVE -仲真史

BIG LOVE RADIOはこちら!


2013 06 22 [イベント, グルメ・クッキング, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 19, 2013

The WILD HUNT

ああ、最近のオレはマジで眠い。

0619213_1t



目があったら最後。
トイレに行きたくてもガマンするクラス。

0619213_2t_2



耳と鼻を狙ってダメなら最後は無言のアピール。
オマエはサマータイム、ゲゲッまだ5時台だよ!
と、いうのが毎日なのだというのを10年前のオレに言いたい。
オマエ(オレ)なんだかおかしいことになってるな。

0619213_3t



せっかくの朝、ゆっくり準備をしているオレに冷たい目線を送る。
いまや上下関係でいうと私は仲家の下の下だ。

0619213_4t



ウンチのあとオシリを拭いてくれるのはオレだったと感謝する時がくるのだろうか。
オレが親になる時がくるのだろうか。
コレはその準備か。
好きな事をやらせてもらっている正と負の法則か。
考えれば考えるほど戸川純のレコードを聴きたくないのに聴きたくなるほどおかしくなる。



0619213_5t



コイツもう寝てる!
骨持ってなんか自由だなあ。

0619213_6t



出勤する時も感謝なく寝てる。
西之園萌絵のトーマのように仰向けで寝るのは服従の証ではなくフリーダムということをオレは知っている。

0619213_7t



見送りにも来ないと思ったら来た。
しかしどうやら散歩と思ったらしい。
さっき行ったのを忘れているのだろうか。
無限か。




The Wild Hunt - Panorama

The Wild Huntって有名じゃないんだな。
こんな時は特に聴きたい。
Kemadoからのアルバムはマジ傑作なんだけどなあ。
でもコレまだ100再生。
ラジオでも言ったけど僕は彼らのTシャツも着てるぞ。

で、まさかSAMPSのメンバーだったとは。
というのもラジオで言ったかな。
ビックリした。
10月に来日公演にもくるのだろう。
出したいくらいイイよね。

-BIG LOVE -仲真史

BIG LOVE RADIOはこちら!


2013 06 19 [ペット, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 18, 2013

TEEN


TEEN "Carolina"

イケてんのかワカらないまま買っているTEEN。
時代感もあるのかないのかわからないけど、買っておきたい感は凄くある。
という結果、イイよね、というとこに落ち着く珍しいタイプ。


もしかしたらこういう微妙な立ち位置のバンドを絶賛すべきなのかもしれない。
オレ以外が。
オレはPHARMAKONで手一杯なんだよ!



ああもうコレ2年前のアップか。
遅れてるなあ。
前見た時は1000viewもなかったのにイッキに増えてる。


しかし気付けばPHARMAKONのLPが上半期DIRTY BEACHESとか除くとVÅRばりに一番の売れ行き(しかも止まらない)。
みんなコレが正しいと従える思考が存在することが重要なのワカってる。
ワカることなどさほど重要ではないのもワカってる。


例えば、本当に正しいのかとやたらいまだ聞かれるTシャツINにしても、その状況を楽しめる自分がいればやれば良いだけの話で、でもそれってファッションやアートやそれに付随する音楽にとっては重要です。
「いまTシャツINしない奴なんて、アジア人かアメリカの田舎の州の青年だけだ」とファッション誌はやっぱりウソぶくべきだし、ハードルが高いと思う地方に合わせるべきじゃない。と地方の人も思うと思う。
それこそ日本の80年代や90年代中頃までの雑誌なんかはそうやって自分たちで時代を変えていく事が一番の醍醐味だっただろうし、それが正しかろうが間違ってようが関係なくてね。
本当に間違えてるんだけど、厚底ブーツなんて本当そうだったと思う。本当に間違えてる、と当時でも思ってたけど、あの思い込みは凄い。
紙一重だけどその感覚って日本人の強みだったよね。と過去形にするほど僕はまだ諦めてないけど。


例えば、裏原のカリスマがフォークミュージックやクラシックJポップみたいなのやったり押したりしてるのみると、本当ドッキリじゃないかと信じられない。良いとか悪いとかじゃないて、ドッキリだよね?ドッキリだとしても大丈夫なのかな...
そもそも若者は今時そこに音楽のことなんて期待してないよ。と若者が教えてくれた。そうか、そういうのわかってんだな、向こうも。だから大丈夫なんだな、納得した。
確かに、音楽のことなんて若者が話すべきだよね、僕みたいな年寄りじゃなくて。


と、いっても青春時代の大好きな音楽PREFAB SPROUTを聴き直す時間があるならPHARMAKONの次にくる音楽を僕だって聴きたい。
コッチは年寄りだから鈍りまくってて全然ワカらないんだけど、努力すれば若者に対抗できるくらい楽しめる。


Diamanda Galas - Hannover

といって青春時代の音楽をアゲる矛盾が意外と大事だったりもする(と思う)。
DIAMANDA GALASを聴きながらコレ含め全てをワカったフリしていた18歳。
こんなんだっけ…親が怒ってたのもワカるわ…でも自分がいまPHARMAKONを好きな理由もワカる。

-BIG LOVE -仲真史

BIG LOVE RADIOはこちら!


2013 06 18 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 17, 2013

Terror Bird


Terror Bird - The Wrong Way

女子3人組バンドになったぽいTERROR BIRDのニューアルバム『ALL THIS TIME』到着。
さらなるポップ(というほどではないけど)でMOLLY NILSSONとの区別がつかないほど(褒めてます)女子最高峰の音。
なにの最高峰と言われても困りますが、このタイプは非常に好みです。


61713_1t



だいぶ慣れたVÅRの7インチ刷り。
何事もあまり深く考えすぎず行うことを学んだ。



ところで絶賛好評の仲棚中古盤コーナーも宣言通り再投入しましたが、ちょっとまたしてもまたしても考えてるプチ改装に向けて7インチコーナーを少し整理したいため、明日から旧譜7インチすべて300円引きセール開催!
レーベルBIG LOVEの旧譜7"はなんと500円引き!!
決算セール的な。なのでこんなのはあまりやりません。
明日18日火曜日から24日月曜日まで、店頭のみの開催です。

-BIG LOVE -仲真史


2013 06 17 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 16, 2013

LUST FOR YOUTH

Lust For Youth - Chasing The Light

17歳だったら、いや風営法があるから、20歳だったらいや20代だったらフロアで狂喜したい。
誤解されるだろうけど、いまLust For Youthを聴いて踊りたくなるのは、10年前Justiceのシングルを初めて聴いた時のソレと一緒です。



タイカレー復活。

061513_2_1t_2



マルくんが待望のタイカレーを満喫してます。

061513_2_2t_2



元スタッフのタケゾーくんもタイカレーを食べにやってきました。
パンツがいつもイケてます。

タケゾーくんはウチで働いている当時、皆に何をやりたいのかを尋ねられ「え、あ、う...あっ!俳優で!」とオマエ明らかにいま思いついて適当に言ってるだろーと突っ込まれたのですが、その思いつきのままやってるはずがなぜか色々な映画出演やCMに起用され、うーんこれはみんなひとまず言ってみてやってみるもんだな、と人生の面白さを教えてくれます。



いまこのCMに出てる人です。


後半のCAFE ESCALATORのスタッフはみんなびっくりするくらい良い子たちばかりで、彼らを見てると「最近の若者は」とかいう年寄りの人たちがみんなバカみたいに思えたのを思い出します。
「最近の若者は」ってのは僕の世代までを指すんじゃないかな。



明日(16日日曜日)分もタイカレーあります!
なくなる前にどーぞ。

-BIG LOVE -仲真史


2013 06 16 [グルメ・クッキング, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 15, 2013

The GARDEN-2

The GARDENの音源が到着。
夏発売のBIG LOVEの7"用です。

061513_1t_2



カリフォルニアのオレンジの双子。

Fletcherの方は2012年にBIG LOVEからリリースされたM.H.Vのメンバーでした。
M.H.Vは解散した模様。


061513_2t_2



いまFacebookをみたらコレがジャケらしい。
おい、いま俺が作業しているジャケと変わってるじゃないか!
危なかった…



THE GARDEN - What We Are

以前も紹介したようにエディ・スリマンがふたりをモデルにコレクションを行いましたが、なんでエディ先生が彼らを起用するのわかったんですか?と聞かれても、そんなことわかるはずなくさらにそれを理由に出すことなどありえません。


061513_3y_2



このチャックタートル着こなしエリアスと一緒なのが恐ろしい。

音楽でもファッションでもそうだけど少し無理すると突然面白くなるもので、TシャツINもそうだし、エディさんが彼らのような無名のバンドマンをモデルとして起用するのもそうなのかもしれません。



このBIG LOVE RADIOも随分とi-Radioの黒田さんにお世話になってるのだけど、いちいち生放送にしたり公開収録にしたり始まる前に曲名からなにまで準備したり、そういう本当はやらなきゃいいことから当たり前だけど面倒くさいことをやらないとたぶんつまんないんだと思います。
だから黒田さん、これからも無理にでも無理する方向でよろしくお願いします(?)




この通りBIG LOVEからの7"はもはやパンクでもありませんでした。
無理することが無理してない、もしくはその逆。



本日は昨日告知したようにタイカレー復活日。
今日と明日。
仕込みしなきゃ。
これはちょっと無理してる気がする...

-BIG LOVE -仲真史


2013 06 15 [グルメ・クッキング, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 14, 2013

Varmakon


Holydrug Couple

Holydrug Coupleは良すぎるなあ。
Sacred Bonesの最近の異常な感じはその歴史の瞬間がするけど、ヴォーカルの奴がやっぱわかってんだな。



Varmakon - "Hair Like Feathers" & "Crawling On Bruised Knees"

だいぶ噂のVÅRとPharmakonの合体。
戦後の田舎じゃないのだから泥と水は身体にかけるもの!
Pharmakonに惹かれてもその後の行動力が大事だと思う。
僕は未だに2年は遅い。
今日もいつもどおり反省してる。



ところで今週の週末は、最近またすごーく言われて….わかった!なんとタイカレーやるかも!
限定数限定時間復活です!
詳細は明日。

-BIG LOVE -仲真史


2013 06 14 [グルメ・クッキング, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 13, 2013

The Wytches


The Wytches - Beehive Queen

こんな状況になってもUKの若者バンドから得れるドキドキはUSのソレとは違います。
UKはダメだなと簡単に思える今に反抗したい感じも楽しいのだけど、このバンドは化けて欲しい感じ。





この前NHKかなんかで例の「俺の」の社長のドキュメントを観てたのだけど、有名店にいた料理人を雇い原価率45%以上モノによっては価格を超える破格値で提供。回転率をあげれば利益は出る、というビジネスモデルのもと立ち飲みスタイルで提供し大繁盛しているらしい。
わかっていても普通やれないことを実行し社員を幸せにしたいという社長に普段食べれないものを破格で食す客の幸せそうな顔。

でもなんか異常な違和感。
みてたら社長はフレンチもイタリアンも別に好きじゃないらしい。
ビジネスって不思議。

僕、未だに輸入レコード屋で安売りする人って結局それ好きじゃなくて業界も潰してるから嫌いなんだけど、料理も文化あるとこが好きだからそう思うのかな。

-BIG LOVE -仲真史


2013 06 13 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 07, 2013

The COURTNEYS

まさかのカナダのバンクーバー島のコートニーのThe COURTNEYSのアルバムが到着。

THE COURTNEYS - SOCIAL ANXIETY from Crystal Dorval on Vimeo.


THE COURTNEYS - SOCIAL ANXIETY

バンクーバー島のコートニーに唯一ある中古盤屋で「Licensed To Ill」を買ったのだろう。
しかしそこでの彼女達の発見は僕らに興奮を呼ぶ。


the courtneys - dead dog

これは凄く良い映像。
楽しくなかったかもしれないけどそんなことは小さなことでその瞬間演奏している事実が素晴らしい。
この時のベースはサポートで男なんだな。


Working Out With The Courtneys

だいぶダメなとこがまた素晴らしい。
人間はその時の行動力がすべて、というのを教えてくれるなあ。
形にしないとその間死んでいたと一緒なんだな。



明日(6月8日土曜日)はBIG LOVE RADIO生放送&公開録音の日ですが、総選挙とカブってしまったあ…
何もガマンできないOPEDの加藤くんとウチの春果嬢は、店の方のモニターの前で彼らの解説(至極個人的な)が繰り広げられる予感。

-BIG LOVE -仲真史


2013 06 07 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 06, 2013

DEAN BLUNT - The Redeemer

そうやって僕みたいに歳をとって体力が弱ると、センチメンタルになって人に優しくなります。
ああ、今背中を揉んでくれたら誰とでも仲間になりそうう…

あぶないっ!気をつけろ。
今月もそうやってまた大人という生き物になるとこだった。
この周期が短くなった気がする。
たぶん本田ばりに自らを鼓舞しなければいけないのだろう。
10年代に入ってSALEMやらICEAGEやらHYPE WILLIAMSやらを知らなければ、今頃PHOENIXの新譜に歓喜して(嫌いじゃないけど)SAPPHIRE SLOWSなんてものじゃなくてシティポップに影響された出来過ぎの若い日本のバンドの子を「良いよね」とか応援していた、と思う。
アイツらのせいか、レコードのせいか、音楽のせいか、時代のせいか、地球のせいか、自分のせいか...
一般でいう幸せ度はそっちの方(シテイ・ポップ)が高い気がする。
だからみんなそうなるんだなあ。
どっちが悪いかといわれればコッチの方が随分悪い気が僕もする。
なんだろう、岐路に立たされた時そっちじゃないのを選んでる。
00年代前半はうまくそっちになりそうだったのになあ。
あの時もLIBERTINES的なのが出て来たからか。
新しい音楽って怖い。




dean blunt - the pedigree

ああ、生きてる心地がする。



dean blunt - the redeemer

今年も親に聴かせれない音楽を聴いてる。

-BIG LOVE -仲真史


2013 06 06 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 05, 2013

VÅR BIG LOVE 7"

BIG LOVEからVÅRの7”が発売されました。

060513_1t

060513_2t

060513_3y

思うに鏡面にシルバーのシルクスクリーンは素人には無理があるのではないでしょうか。
たぶんプロに聞くとそう言うと思う。
もうしょうがないので意地でやってます。
誰かプロがタダでやってくれないかな。
合間を見つけて出来て1日20枚。
昨晩も本田のゴールを観ながら泣きながらやってましたが、ありがたいことに売れる方が早くて間に合いません。
むむむ、限定のクリア・ヴァイナルはいっきになくなってます。
朝から外人が並んでいてビックリしたよ。




6年振りくらいになんか身体の調子が悪く2日間酒を抜きました。
抜いたというか自分で飲めないと思ったのです。
飲めない状態でもだいたいは飲めばなんとかなるものなのですが、歳でしょうか。
もしくはBIG LOVEのレーベル活性化による体力の限界でしょうか。
どっちにしても進むしかないのだけど。




Vår - The Boy or the Boot

こちらBIG LOVEの7"のB面にしか入っていない曲。
デジタルでは配信されていたようですが。


この音楽を聴いて僕が涙を流す理由は歳だから、には違いないのだけど、43歳になるまで新しい音楽を聴いていたことへのご褒美だとしか思えなくて、いま書いていても聴いていても泣けてくる。
音楽を聴いて幸せだと心から思う事なんて死ぬまでないと思っていたけど、死ぬもんじゃないな、聴かなくなるもんじゃないな。
生きよう、生きる前に聴こう、酒もたまには抜こう。

-BIG LOVE -仲真史


2013 06 05 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 03, 2013

HATCH POP-UP STORE

HATCHさんのPOP-UP STOREが六本木ヒルズのESTNATIONで6月6日から始まります。

060313_1y_2

060313_2t_3

なんだか凄そうな人たちの中に僕の名前があると、いつもの通り君たちなら怪しむことだろう。
何故なら僕もそう思う。


HATCHさんとはセレクターが選んだものがコースで毎月届くという最先端の定期購入サイトなのだ(と教えてもらった)。
誘っていただいて最初から何気にもう1年くらいかな?やらせてもらってるだけなのですが、このPOP-UP STOREはじめ最近ではとても注目を集めているらしく、いやーだから逆にマジでなんかウチみたいな極悪音楽のレコードショップがやっててほんと大丈夫?
ジャジーなのとかと蒼井優とか聴きそうなのとか(なにも聴かないか?)そういうの売ってるとこいがいいんじゃないかなあー、っていつも言ってるんだけど、いえでもちゃんとやってます(当たり前)。


こんな情報社会、いやそもそもよく自分のセンスで、自分の好みで、とか世間は言うけど、センスや好みってのは培われた後に各々に存在するもので、だから未だに僕も人頼り。 おい、そんな奴がやってていいのか、って感じだけど、人頼りって勉強ってことです。

ちょっと面白いな、と思ってやらせてもらったのだけど、うんもうちょっと色々やれるかも。
ご興味ある方は是非どうぞ。

HATCHさんの詳細はコチラ



前回告知しましたBIG LOVE RADIOのニューヴァージョンBIG LOVE RADIO PLAY LIST本日からオンエア中です。


Mind Slums - Flesh Side, Death Side

そこでも紹介してるフィリピンのEYEDRESSのニュープロジェクト。
なんかこの人のメロはハマる。
ちょっと違うんだなあ。

-BIG LOVE -仲真史


2013 06 03 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 02, 2013

YACHT CLUB

Dirty Beaches CDリリース記念、という感じでただいまBIG LOVEのバーの方で写真展開催中です。

060213_1y



来日公演アストロ・ホールの模様など、梶野彰一くんが撮ってくれたものです。
是非レコード帰りに一杯とともにお楽しみください。


060213_2t



で、玄関を入ったところにはCali DeWittのアート展の写真やポスターなどを引き続き販売してます。
毎日どれかがなくなっていく、という状況ですが、このままあってもイイな。



そしてついにYacht Clubの12"が到着中。

060213_3y





これはBサイドの曲です。
この辺のギャグにならないギリギリのところは本当に難しい。
境界線はセンス、としか言いようがないのですが、実はコイツはだめってのも結構います。
例えばこの女子がラメが入ったアイシャドーとかやってたらアウト。


フライングの本人のTweetがありましたが



ということで、ただいまBIG LOVEから7インチを製作中です。
乞うご期待。



ところでBIG LOVE RADIOは今週より毎週放送となります!
これまで通りの生放送公開収録形式そして翌週はBIG LOVE PLAY LISTと題して僕の選曲による曲を中心に1時間お届けします。30分、30分くらいの2部構成でノンストップで曲をかけるので、通勤や通学の行き帰りにiPhoneでお楽しみいただけるのではないか、と思ってます。
どうぞお楽しみに。

-BIG LOVE -仲真史


2013 06 02 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク