November 07, 2012

SNOW WITE 7"

SNOW WITE 7"絶賛発売中です。

110712_1y



いつものことですが我ながらカラー帯、凄く良い出来だと思います。

110712_2y



今回は3ヴァージョンあって、帯+歌詞対訳シート付きホワイト・ヴァイナルと、帯+歌詞対訳シート付きブラック・ヴァイナル。そして帯も歌詞対訳シートなしのブラック・ヴァイナル通常盤。お好きなのをお選びください。
ちなみに通常盤はレコード盤にもジャケットにもBIG LOVEのマークも番号さえもいれなかったので、BIG LOVEを好きじゃない方にはもってこいの仕様となってます。


昔は僕も帯が大嫌いで、中学高校の時買った日本盤の帯全部捨てたのをいまでは後悔しているのですが、しかしこの帯というものはOBIといえば世界中で通じるほどレコード文化の中唯一日本が産んだもので、僕ら日本のレーベルの武器となるのではないか。と、我々の特権に気付いた僕はいまや帯大将と原宿では呼ばれるほどになったわけですが、CHAIRLIFTの次はRADIOHEADとか大物に頼まれたい。
嫌いだけど。
いやRADIOHEADそんなに嫌いじゃないよ、実は。
RADIOHEADを好き、というのが嫌いなんです。



そんな僕にトム・ヨークが祟ったのか、年に一度の健康診断で、二次・精密検査という診断結果が下された。

110712_3y



落ちるわ...
しかも腎機能の血液検査に加え、胃内視鏡検査って胃カメラだよ。
理由は胃底部なんとかなんとかカッコ、ポリープ、さらになんとか不整。
それってアレじゃないかな、ガンとかじゃないの?
と、焦ったのは実は一瞬でした。
ホント。


だって、そりゃそうだよなぁ。
俺が悪くなかったら誰が悪いんだっていうくらいこの20数年飲んできたから。
20代の時は一日で身体の水分がすべてビールに変わるくらい飲んでたと思う。


夜中に胃が痛くなってたまらず朝いちで病院に行ったら理由がわからないというので
「ただビールは25杯くらい飲みました」
と言ったら
「それです」
と飽きれ顔で言われたのに
「でもいつもより少ないんです」 と返したら怒られたくらい、飲んでた。

もう人の人生の5回分くらい飲んだから、そりゃもうそうだろ。
と、自分でも信じられないくらい冷静に覚悟しつつその日を迎えたので、せっかくならと看護婦さんにその瞬間をこのブログ用に写真とってもおうと準備してたんですが、いざ診察室にはいると先生もまわりもそんな雰囲気ではなく、思わずカメラをしまう。

なんかベッドも自動で上がるし、おい手術みたいでなんか深刻ぽい。
そういえばさっきの受付のひともやたら優しかったし、他の人より優先されてるし、そうか、もうみんな結果をわかってるのか。
なんかここにきて焦ってきました。


胃カメラ投入。
これが相当辛いと聞いていたので、もう結果はどうでもいいけど、俺これがイヤ!と思っていたのだけど、意外や意外、これが医学の進歩と言う奴でしょうか、全然イヤじゃない。
イヤなんだけどイヤじゃない、というか。
例えて言うなら、乳首を舐められるレヴェル?
求めてないけど断れない、みたいな。
違うか。
美人のゲイにキスされる感じ?
意外にイケる、みたいな。
とか、思っている間に終了。



覚悟を決めた自分は、いま思うとどこか小林旭のようだった。
言っちゃってよ、先生。
間違えた男の中の昭和の男のようになっていた。
のに

『まったく奇麗です。なにもないです。たまーに影が写ったりとかあるんですよねー』

えっ、先生?
マジ?なにもないの?
でも先生、俺最近すげーゲップも出るし、なんかコリコリ痛いし、たくさん食べると調子悪いし
そういいながらなんかでもあるんですよね?

『いえ、ないです。まったくないです。奇麗です。そういう症状があるとしたら外的要因じゃないですか?関係ありません。だからないんです。あったら、だって写ってますから。』

と迫る俺に、キレ気味の先生。



ないのか。

生きる、俺。
よかった。



あんまり、みんなに言わなくて良かったよ。
ドラマみたいにバカにされるとこだった。

110712_4ys



確かに素人目にみても奇麗そうと思う。
というか旨そう。


人間って意外と丈夫なんだなあ。
いや反省しなければいけない。
ひとまず痛風にならないように、気をつけてビールを飲みます。
自分の胃みて旨そうと言ってたらダメだなあ。
ビールは無理だから、レバーを控えよう。

-BIG LOVE -仲真史


-i-Radioがリニューアルしました!-


2012 11 07 [心と体, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

July 13, 2011

胃の調子がいつも通り悪い。

そりゃ毎日20年以上人様以上に飲んでるんだからしょうがないけど、朝から医者へ。

適当に(たぶん)薬を出してもらって様子見。まあ向こうも、おまえ酒だよ、酒、って感じだと思う。

人間の人生、元気でいきなりぽっくりって感じがベストかもしれないけど、だいたいそんな都合よくいくはずなく、好き勝手しようがストイックに生きようが、まあ色々生きる分、色々どうにかなってくだろうし、結局それに付合っていくべきな気がします。自分が300年とか1000年とか生きれるなら、胃だって人間だって世界だってどうにかしようと思うけど、ごめん!俺にはたった100年もない。ていうか逆に100年くらいなら、このまま胃が痛くてもなんとか完走出来るんじゃないか?って気がする。例えちょっとくらい完走できなくても、俺は走った!と自分で思えればいいし。

そう思うと、まあもう41だし、毎日飲んでるし、John Mausのレコード聴いて感動してるし、いやあこれは胃が痛くて当たり前というか、プラマイ、プラス!かもしれない。ズバリ、ついてると思います。John Mausのレコードを聴けただけでも、人生ついてる。


多くの政治家達も生きた間違えててもダメでも成功出来た高度成長期世代に限らず、僕の世代もついてた。時代がついてた。普通につけてたラジオでかかるのはDream AcademyとMicrodisney。ついてるなあ。

The Dream Academy - The Love Parade


Microdisney - Birthday Girl

アメリカで売れたDream Academyと一緒にMicrodisneyを紹介してる番組もどうかなあ。いまは欧米では、これがパンクよりパンク!と言ってるわですよ、ラジオでは。間違えてないかもしれないけどさあ。誤った方向に行かされた。いやいや、ついてた、ついてました。


偶然i-radioのBig Love Radioを、あの時の僕のように聴いてくれる人はいるのかな。状況的に、偶然、というのがあの時と同じようにはならないかもしれないけど、いつも15歳の時の僕にバカにされないような番組を心がけて。と今週もやらせてもらってます。

-BIG LOVE -仲真史


-仲真史出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 07 13 [心と体, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

February 27, 2011

花粉

花粉が始まりましたね。
今年はなんか大丈夫なんじゃないかという根拠のない自信を持ってこの季節を迎えていましたが、見事におとといの夕方くらいからやられました。お客さんがくしゃみをするの見てから。伝染するんだよ、アレって。

で、去年から残っているはずとクリスタルヴェールを探し装着。あれに去年は助けられた。静電気?イオン?忘れたけどそれで花粉をはじいて鼻に入れさせない、という大胆な発想は日本人からは生まれないアメリカ産、たしか。っていうか、それマジ?って考えて考えて調べれば調べれるほど(調べないけど)アメリカ人のゴリ押しな気がしますが、これが何故か効く。人と症状によるだろうけど、もしかして効いてるのも気分かもしれないし、まあ伝染するくらいだから元から気分かもしれないんで、効けば理由なんてどうでも良くて、確かにだったらドアにこれ大量に塗ったら花粉入ってこないってこと?って考えると、んなわけないけど、去年は飲み薬も飲まなくてすんだしね。なんでもとにかく効けばいいんです。

効果なく回収、みたいなことなんないで欲しいなあ、とみてみたら医薬品でないらしい。逃げ道しっかりできてる(笑)

効果がないといえば、昔TVの通販で買った野菜を腐らせない容器シリーズみたいなのがあって、ウチはみんなそれに変えたほど使っていたのですが、ある時『一切効果がないと判明いたしました』という回収受付の手紙が来てショック。俺がどんだけ自慢げに『腐らないだろホラ見てみろ』とスタッフに力説していたことか...てことはあんまりなくて、実は形が凄くよくて使い勝手が良かったのでそれだけで重宝していたのです。だから返品もあまりせずいまだに使ってます。特に高いわけではなかったし、なんかセンスは良かったはずなのにもったいない。クリスタルヴェールもなんかもっと大きくて140円とかだったら効かないかもしれない。でもなんかそういうのが大事な気がします。

今は、多ければとかでかければとか早ければとかとにかくただ安ければとか、簡単に大衆がわかる都合の良い状態にして消費者に提示しがちだけど、一番に求めてるのはそういうのじゃないというのがそろそろわかってきてる。のにやめられない。いやいやそんな感じもそろそろ終わりな気がODD FUTUREとかの登場でも思うんだけど。


Sigue Sigue Sputnik - Love Missile F1-11

メンバーの条件は身長190cm以上。曲がみんな同じように聴こえるのは全部名曲頂点状態だから!パンクもニューウェイヴも終わってどうすれば良いのかわからなくなったTony Jamesが子供の頃に「スッゲェー」って思ったのをやけくそでやっただけだったかもしれないSigue Sigue Sputnikも充分凄かった。効果は一瞬でしたけど。でもそれでいいのだ。

-BIG LOVE -仲真史


-仲真史出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 02 27 [心と体, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク