June 09, 2011

特集:キキ・ワイアットとクラシック・ソウル

梅雨のさなかではありますが、最近夕焼けの素晴らしい日が、いくつかありました。
太陽が沈んで、闇と入れ替わるまでの、ホンの数十分間。
薄明の空が燃え上がるように一気に色づく、マジックアワー。

もうただただ呆然と、見上げてしまう。
胸がキリキリと締めつけられる音が、聞こえてくるみたい。
涙が止まらなくて、気付けばヒックヒックと、子供みたいに泣いてた。
あー良かった、家の中で。誰にも見られてないよね。

小さな小さな私には到底太刀打ち出来ない、圧倒的な自然の美しさ。
小さな小さなことで悩んだり、口をへの字に曲げたり、なんだかバカみたいだな。

さ、スッキリしたし、また元気に過ごそう!
と、明日への活力を、お空からいただいたのでした。
その一瞬を、見逃したくないよ。

続きを読む・・・


2011 06 09 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク |