August 01, 2011

蟹寿司事件

人の記憶というものは曖昧なもので、あの人とこの人との出来事が入り混じっていたり、誤った記憶を信じてしまっていたり。恐ろしいものです。


あれは、小学6年生くらい。父親は毎週金土の夜は遊びに行って帰ってこなかったのですが、いつもお土産に蟹寿司(蟹の太巻き)を買ってくれて、それが日曜日の朝ご飯となっていました。

ただ、蟹寿司。美味いけど子供としては少々シブい。高級なのは理解してるけど、さらに毎週だとさほど喜びも外に出せない。しかし厳しかった父が子供に与えてくれる数少ないものでもあり、僕は子供なりにありがたくいただいていたのでした。

続きを読む・・・


2011 08 01 [グルメ・クッキング, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク |